交通事故に対しての後遺障害等級の認定方法は2つの方法があります。被害者自身が申し込みをする方法と相手の保険会社に申請手続きを任せる方法といった方法がありますので、どのように後遺障害等級の認定をするかをよく考えてください。

まず、被害者自身で申請をする前に、相手方の保険会社に申請を任せるというやり方について説明していきます。基本的に後遺障害等級は治療、症状固定、等級提出と認定、慰謝料の計算というの流れになるのですが、これを相手の保険会社にやってもらう方法があります。これにより、被害者自体は報告などをすることで後遺障害の認定をすることができるのです。ただし、これには大きな注意点があり、あくまでも相手の方で認定をしてしまうので場合によっては不利な認定の仕方をされることがあります。それによっては通常の等級よりも高くなってしまうことがありますので注意です。しかし、その分楽であり簡単ではあります。故に、これは正直なところよく考えないといけません。

次に被害者自体が申請を行う方法があります。これは上記でも説明した基本的な流れは同じではありますが、自分でいろいろと用意しないといけませんので面倒です。しかし、その分しっかりと自分の目で認定をすることが出来ます。ちなみに、医師や弁護士の方でお手伝いをしてくれるのでそちらに交通事故での後遺障害等級の認定を依頼をすればある程度申請が楽になります。また、弁護士に相談をすることで慰謝料の方もアップできます。故に、基本的にはこちらを強くおすすめします。