交通事故により後遺症が発生した場合、症状によっては後遺障害の認定をしないといけません。その後遺障害の認定の流れについて簡単に説明していきます。このような流れにより後遺障害の認定ができるかもしれません。ただし、後遺障害の最低等級である14級でもある程度の傷害がないとダメなので注意です。

まず、大前提に交通事故による後遺症が発生する必要があります。例えば首の痛みや耳鳴り、頭痛などの症状がある場合に後遺症の恐れがあります。もちろん、他にも様々な症状がありますので自覚症状や自覚がない症状などしっかりと検査により調べてください。ちなみに、それら交通事故による問題がある場合は後遺障害認定と他のもので慰謝料が取れる場合はあります。

次に、長い入院あるいは通院期間が必要になります。後遺障害の認定にはまず「症状固定」という診断が医師から必要になります。これにはある程度の通院が必要であり、そして通院しても問題の解決が見込めない状態でないといけません。この症状固定が認定されればやっと後遺障害の認定になります。

後遺障害の認定は医療的な証明や交通事故との因果関係、症状固定と判断される状態などが必要になりそれらがしっかりと把握できる状態なら認定されて等級を獲得できるようになるでしょう。故に、すぐに認定されるのは難しいと思ってください。